ニュース NEWS

感激★観劇レポ I&K企画「父と暮せば」

原爆の悲惨さ残酷さは今も尚様々な形で語り継がれ、伝え継がれています。
でも、生き残った人は生き残って申し訳ないという自身の思いに苦しみ続けている、もしかしたら今も尚その思いに苦しんでいる、ということにまでは、この舞台を観るまで思い至っていませんでした。
そんな思いを、娘の恋を幽霊のお父さんが応援する形でこんなにロマンチックにファンタジックに表現できるなんて、やっぱりお芝居ってすごい!と思いました。
テーマは重苦しいですが、最後には明るい希望が感じられ、暖かな気持ちで劇場をあとにすることができました。

Yukiko♪

I&K企画 第4回したまち演劇祭提携公演「父と暮せば」 9.5(木)-8(日)/アドリブ小劇場 父との交流を通して、原爆をあびながらも生き残った娘の、心が再生してゆく物語です。井上ひさし作品「父と暮せば」を真心を籠めて創り上げます。どうぞご覧になって下さい!

  • TICKET チケット購入はこちらから
2013年8月20日(火)-9月16日(月・祝)SHITAMACHI THEATER FESTIVAL IN TAITO 2013
激場へ。

雷5656会館(ときわホール)/木馬亭/東京キネマ倶楽部/上野ストアハウス/浅草見番/東洋館/浅草花やしき(花やしき座)/戸野廣浩司記念劇場

プログラム一覧へ
PAGE TOP