ニュース NEWS

感激★観劇レポ 文学座有志による万太郎の世界「久保田万太郎の世界」

暑さが戻ったこの日は、本当に暑かった。
お客様も汗をふきながら、浅草見番までお見えになりました。
本当にありがたいなと感謝です。

幕が開くと、一見今と変わらない一部屋のようだが、
そこはもう「久保田万太郎の世界」。

話される言葉は江戸弁。
何だか懐かしい。
今はほとんど聞かれなくなってしまったが、
子供の頃は耳にしていた言葉。

そして、間がいい。
ゆったりと、贅沢と思えるような時間の流れ。
少し前まではこんな風に人は生活していたのか...

役者さんの1つ1つの所作が美しい。
そうだ、そうだ、母もあんな風にしていたな...

私たちは、何か大切なものを無くしてしまったのか。
この「久保田万太郎」の世界に、ほっとするのは何故かしら。

粋で気っぷがよくて、素敵な人たちがそこには生きています。
会いに行ってみませんか。

エンコ

文学座有志による万太郎の世界 久保田万太郎の世界「不幸」「一周忌」 8.29(木)-9.1(日)/浅草見番 「万太郎の世界」とは、文学座創立メンバーの一人である久保田万太郎の作品を文学座有志によって上演する自主企画公演で、これまで劇団の稽古場にて過去10年間に19作品を上演してきました。この度、縁あって久保田万太郎生誕の地、浅草で公演させて頂くことになりました。独特の「間」が沁みる、古き良き下町の人情ある芝居を浅草花街の見番にてお届けします。地元江戸っ子の皆さま、是非ともご覧ください。"

  • TICKET チケット購入はこちらから
2013年8月20日(火)-9月16日(月・祝)SHITAMACHI THEATER FESTIVAL IN TAITO 2013
激場へ。

雷5656会館(ときわホール)/木馬亭/東京キネマ倶楽部/上野ストアハウス/浅草見番/東洋館/浅草花やしき(花やしき座)/戸野廣浩司記念劇場

プログラム一覧へ
PAGE TOP