ニュース NEWS

感激★観劇レポ 文学座有志による万太郎の世界「久保田万太郎の世界」

地元にいてもなかなか足を踏み入れることのない浅草見番。
靴を脱いで二階の広いお座敷に上がる。
この「万太郎の世界」にぴたりとはまり、
私たち観客はその時代の日常をそっと覗きに来ている感覚だ。
初日は立ち見も出るほどで、期待の高さがうかがえる。

久保田万太郎氏のことは今回初めて知った。
昭和の初め頃までの言葉だと思うが、台詞がとにかく素敵だ。
粋でかっこよく、そして少し色気もあって女優さんがさらに美しく感じる。
小津安二郎の映画を思い出した。
日本って、こんな国だったんだよなあ。
ご高齢のお客様が多かったが、観劇後に幸せそうに帰られる姿が印象的だった。
夏の終わりに静かに古き良き時代に浸ってください。

ごまめ

文学座有志による万太郎の世界 久保田万太郎の世界「不幸」「一周忌」 8.29(木)-9.1(日)/浅草見番 「万太郎の世界」とは、文学座創立メンバーの一人である久保田万太郎の作品を文学座有志によって上演する自主企画公演で、これまで劇団の稽古場にて過去10年間に19作品を上演してきました。この度、縁あって久保田万太郎生誕の地、浅草で公演させて頂くことになりました。独特の「間」が沁みる、古き良き下町の人情ある芝居を浅草花街の見番にてお届けします。地元江戸っ子の皆さま、是非ともご覧ください。"

  • TICKET チケット購入はこちらから
2013年8月20日(火)-9月16日(月・祝)SHITAMACHI THEATER FESTIVAL IN TAITO 2013
激場へ。

雷5656会館(ときわホール)/木馬亭/東京キネマ倶楽部/上野ストアハウス/浅草見番/東洋館/浅草花やしき(花やしき座)/戸野廣浩司記念劇場

プログラム一覧へ
PAGE TOP